中古コピー機を導入

中古コピー機がなぜお勧めの購入方法か、その理由について、費用やランニングコスト、品質等を総合すると、他の方法に比べてメリットが大きい点があります。新品のコピー機を導入する場合、その費用は他の比ではありません。オフィスで使用するコピー機は、高いもので百万円を超えるものもあります。よほどの余裕がない限り、なかなか新品での購入は難しいと言えるでしょう。

コピー機と紙リース契約の場合、初期費用はほとんどかかりませんので、魅力的な導入方法ではありますが、長期的にみて安くない買い物になってしまうことと、リース会社に所有権がありますので、自由に買い替えができない点があります。途中解約はできませんので、その間しばりが生じてしまいます。自由がきかないという点においては、デメリットと考えるべきでしょう。

中古コピー機の場合は、新品に比べるとはるかに安く、また、ランニングコストもリース契約よりも安く収まります。所有権も自社にある為、好きな時に買い替えを考えることができ、リース契約よりも自由度があります。品質に関してですが、中古コピー機と聞いて悪いイメージを持つ方もいますが、新品同様の機能を持つコピー機を販売している業者もありますし、保守サービスも整っている場合が多いので安心です。問題ない商品を手にいれることも大いに可能です。

 

導入する際に考える事

メンテナンス男子オフィス機器の導入において、中古コピー機の購入を決めた場合には、そのメンテナンス方法も考える必要があります。保守契約について、1枚あたり設定された金額を支払って必要になったらいつでも来てもらえるカウンター保守契約、または、トナーを購入することで、その使用期間は保守メンテナンスサービスがついているキット保守契約、そして故障が発生した時に、都度依頼しては支払うというスポット保守契約があります。

保守契約を利用する、ほとんどの会社がカウンター契約を利用していますが、まずは、どの契約が必要かを業者に相談されると良いでしょう。中古コピー機だからすぐ故障するという訳ではありません。丁寧に扱う、また、設置する環境によっても寿命が大きく左右されます。埃や湿気を避け、高温や低温になる場所に置かない等、説明書をよく読み、出来る限り良い環境で使用するように心がけましょう。扱いによって長く使えるコピー機も沢山あります。どれだけお買い得な中古コピー機を購入できたとしても、悪い環境に置いてすぐに故障させてしまっては意味がありません。上手に使用して、故障を少なく、大切に長く使うように、使う人一人一人が考えることが何よりも大切です。


コメントは受け付けていません。