コピー機を安く買おう

個人事業主の方、オフィスを経営されている方で、コピー機をいかに安く買うかでお悩みの場合には、中古コピー機がお勧めです。コピー機はオフィスでなくてはならない存在となっていますが、高額な費用が必要になる為、できるだけ安く購入したいと考えるのは当たり前です。しかしながら、安かろう悪かろうでは意味がありませんので、安く購入できて、きちんと業務に差し支えなく稼働するコピー機を購入しなければいけません。

コピー機一般的に、オフィス機器を導入するにあたり、まず頭に浮かぶ方法として、リース契約での導入方法があります。リース契約とは、リース会社がコピー機メーカーと、購入したい会社の間に入って、仲介役をするという仕組みです。リース会社が、メーカー側にコピー機の代金を支払い、実際にコピー機を導入する会社はそれを月額という形で、毎月返済していくというシステムですので、会社側には初期費用がほとんどいらないという大きなメリットがあります

また、月々のランニングコストが計算しやすい為、経理的にも負担が軽減されるということも、リース契約をする上でのメリットと言えるでしょう。その為、多くの企業がリース契約を利用してオフィス機器の導入をしていますが、デメリットもあります。それは、長期的なコストで考えた場合、実際にはトータルコストは購入するより高くなっていることがある点です。ここでは、リース契約ではなく、中古コピー機についての説明をしたいと思います。


コメントは受け付けていません。